植毛情報局

   

坊主の人が植毛をするための準備

基本的に、植毛手術をしようと考えている場合には坊主頭ですることはできないと考えていて間違いありません。従来までの植毛手術には、二つの種類が存在していました。まず、人工毛髪を利用して髪の毛を移植していく方法です。人工毛髪というのはポリエステルやナイロンを利用した素材を移植していくことになるのですが、こういった方法が人間の肌に対してよくない副作用が与えるということがわかってから、手術が敬遠されるようになりました。実際に、移植した人工毛髪に対して免疫機能が攻撃をしかけてしまい、移植前と比較しても肌が荒れてしまうといったような傾向が現れてしまったわけです。こういった背景がありますので、人工毛髪による直接的な肌の移植手術というのは近年ではほとんどのクリニックで行われていません。これは、日本国内だけではなく世界的にも同じ傾向であるため、人工毛髪を利用した移植手術というのは危険が存在するという認識で一致しています。ですから、坊主頭の人はこういった人工毛髪を利用した移植手術ができないという事情があるわけです。一方で、もう一つの方法として自毛植毛という手術が存在します。これはその名前の通り、その患者の頭髪にもともと残っている自毛を利用して手術をしていくことになります。ですから、頭皮に対して毛髪が残っていない場合には、手術をすることができないというデメリットが存在します。では、なぜこういった手術が近年では流行しているのでしょうか。まず、人工毛髪のような副作用が生じにくいというメリットが存在するからです。人工毛髪はあくまでも人工的に作ったものであるため、人間の肌に対してよくない影響を与えるという側面がありました。一方で、自毛というのはあくまでもその人から生じた体毛であるため、これを本人に移植したとしても人工毛髪のような拒絶反応が生じないというメリットが存在するわけです。特に、側頭部や後頭部の体毛は薄毛が進行している人であっても、比較的多く残っている場所であるためこの部分の体毛を利用したとしても、残った部分に対して悪い影響を与えないという利点も存在します。時間が経過すればまた体毛が生えてくることになりますので、自毛を移植したとしても移植した部分に悪い影響を与えないわけです。また、こういった方法は特定の脱毛症に対しても有効であると考えられています。この脱毛症は男性型脱毛症と呼ばれている症状であり、この症状を発症させている人に当該手術を利用すると症状を緩和させることができるという報告がされているわけです。そのため、世界中でこういった患者の自毛を利用した方法が流行しているのです。ただ、上記のように患者の自毛を使って手術をしていくことになりますので、そもそも患者に髪の毛が残っていないようなケースでは手術をすることができないという難点が存在します。こういった難点を解消するためのポイントはいくつか存在します。まず、坊主頭の人は髪の毛が伸びてくるまで待つということです。坊主にもいくつかの種類がありますが、薄毛が先行して坊主になっているわけではない場合には、髪の毛が移植できるまで生えてくるまで待つことによってきちんと手術を行うことができるようになります。そうではなく、単純に薄毛が進行してしまって坊主頭にしている人は、移植できる部分がないかを探さなくてはいけません。その上で、後頭部や側頭部で移植できる部分が存在すると判断できる時には、その部分の髪の毛を伸ばしていて移植手術ができるまで経過を観察することになります。こうすることによって、髪の毛がすくな人でもきちんとする手術を実行することができるようになるでしょう。

AGA , 人工毛髪 , 坊主 , 植毛 , 男性型脱毛症 , 移植手術 , 自毛植毛