植毛した髪の毛の寿命はどのくらい?

トピックス

抜け毛や薄毛に悩んでいる人がその悩みを軽減させるために、行うものの一つに植毛が挙げられます。

スポンサーリンク

自毛植毛は1カ月後に1度、ほとんど抜け落ちる

植毛には自毛植毛人工植毛と呼ばれる二つのタイプが存在しています。自毛植毛の場合には後頭部や側頭部に生えている自分の毛を頭皮ごと採取した上で、薄毛が気になる部分に移植する方法を指します。
毛根ごと移植するのであれば心配ないと思う人もいるかもしれませんが、移植した毛のほとんどは、術後1か月程度で抜け落ちてしまうと言われています。せっかく移植したのにたったの1カ月しかもたないのかと驚く人も多いかもしれませんが、これはへアサイクルによる正常な自然な現象です。

自毛植毛した毛根はヘアサイクルに合わせて成長する

へアサイクルとは一本の毛が成長してから抜け落ちるまでの周期のことを表しています。
この周期には約4年から6年ほどの成長期と3週間の退行期、3から6カ月ごとの休止期の三つの時期に分けられますが、成長期には毛が太く長く成長する特徴があります。
しかし退行期にはその成長は止まり、休止期になると抜け落ちるのを待つだけです。その下では新しく毛をつくる準備が始まり、休止期が過ぎれば下から新しく生えてくる髪の毛に押し出されるような形で、自然と抜け落ちていきます。つまり植えた髪の毛が抜け落ちることは、新しい髪の毛が生える準備が整ったという証でもあります。
植毛の手術が終わり2、3カ月が経つと、うぶ毛のような状態で新しく生えてくることになるでしょう。半年ほどすれば全てが生え揃い、個人差はあるものの、1年も経てば太くてしっかりとした毛が5センチ以上まで伸びることになります。

この投稿をInstagramで見る

#repost @aga_shonan_fujii ・・・ ㊗ 2019年度、自毛植毛、東北エリア症例数No.1💮㊗ 湘南美容グループ東北エリア診療実績 No.1💮 30代男性、ハミルトン・ノーウッド分類:Ⅳ型 自毛植毛1250G施行・12カ月の経過・正面上方比較 生え際の後退、特にM字の部分の不明瞭化及び後退を主訴に来院された患者様です。採取後の毛包は、マンティス顕微鏡を使用し選定されます。高性能3Dビューイングシステムによって、確実に細やかな選定・作業が可能です。1年でこれだけ改善させることも可能です。随所に細かいこだわりを持って植毛に取り組んでおります。 ・ 自毛植毛は永遠です。一生モノの手術だからこそ、経験・実績のあるドクターの方が安心ですよね! ・ 理想のヘアラインへ。徹底的にデザインにこだわります。 ・ 湘南メディカルクリニック仙台院 でお待ちしております。ご相談は無料です。 ・ 施術名:自毛植毛 施術の説明:髪の角度、向き、密度、本数を正確に把握し、ドナー採取部にムラを出すことなく、良質なドナーを採取する手術です。 施術の副作用(リスク):施術に伴い、痛み、赤み・熱感、初期脱毛、切れ毛・抜け毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、施術範囲のざ瘡の悪化、コメド、毛嚢炎、膨隆、色素沈着、点状出血、内出血、腫脹、灼熱感、瘢痕が生じることがあります。 施術の価格:90,000円~1,860,000円 お問い合わせ、ご予約は℡0120-961-215まで! #植毛#植毛するなら湘南美容Dr藤井#薄毛治療#薄毛治療と言えば湘南Dr藤井#自毛植毛#自毛植毛するなら湘南美容Dr藤井#増毛#増毛は信頼の湘南美容Dr藤井#湘南AGAクリニック#仙台#仙台でAGA治療#東北#東北で自毛植毛#ED薬#プロペシア#フィナステリド#ザガーロ#ミノキシジル#ビフォーアフター#SBC#フォロバ#宮城#山形#福島#岩手#秋田#AGAなら湘南#湘南のAGAはオンライン診療#オンライン診療なら湘南

湘南AGAクリニック仙台院(@aga_shonan_sendai)がシェアした投稿 –

自毛植毛の寿命は定着すると通常の髪と同じ

男性が薄毛になる原因としては、多くの場合男性ホルモンの影響だとされています。自毛植毛の場合には後頭部や側頭部を使うことになりますが、この部分は男性ホルモンの影響をほとんど受けることがありません。
移植した毛は元々の性質を維持することになるため、ヘアサイクルを繰り返しながら、一生涯生え続けることになるでしょう。植毛手術を行ってしまえばメンテナンスの必要もなく、それ以降のコストも掛からないので大きなメリットと言えます。
この方法はただ毛を植える方法だけではなく、毛根そのものを移植していると考えると分かりやすいでしょう。そのため毛がすぐに抜けてしまったとしても、毛根さえきちんと頭皮に定着していれば何も問題はありません。
自毛植毛を行った髪の寿命は、基本的に通常の髪と違いは無いと言えます。

人工植毛の寿命は1年後には半分ほど抜け落ちる

もう一方で人工植毛と呼ばれるものもあります。これは合成繊維作られた人工的な毛を使うものです。近年ではこちらのタイプを取り扱っている医療機関は非常に少なくなりましたが、毛がほとんど残っていない状態であっても可能という大きなメリットがあるので、近年でも利用する人はそこそこ見られます。
しかしあくまでも人工的な毛であることから、もちろん抜けやすいと言えるでしょう。移植した髪の毛が成長することはなく、合成繊維は体にとって異物にあたるので、体は異物を排除しようと免疫作用によって抜けやすくさせます。そのため人工植毛の場合の毛の寿命としては、1年もすれば半分ほどは抜け落ちてしまうと言われています。
当然のことながら抜け落ちた後には何も生えてこないため、髪の毛のボリュームを維持していくためには、年に1回から2回ほどの間隔でメンテナンスを受ける必要があります。その結果として結局は多大なコストが掛かることにつながるでしょう。また炎症を起こす危険性もあり、移植できる本数に関してもおのずと限られてくるというデメリットがあります。

まとめ

植毛した髪の毛の寿命については、自毛植毛なのか人工植毛なのかによって大きく異なると言えるでしょう。施術が難しいこともあり、自毛植毛の場合には一回の手術で多額の費用が掛かることになりますが、長期的に考えた場合にはメリットが大きい方法であると言えます。

自毛植毛の場合の毛の寿命について
それに対して、自毛植毛の場合は最初抜け落ちますが、その後はほとんどの毛は半永久的に生えたままです。
植毛したうちに5~10%程度は定着しないのですが、残りの90~95%の毛は定着してそのまま髪の毛が生えてくれます。
なので、10年だろうが20年だろうが髪の毛は生えたままです。

引用元:植毛の寿命は約何年もつのか?10年後までもつ?
タイトルとURLをコピーしました