植毛情報局

   

植毛に関する治療や経過

植毛

植毛は自毛を利用する事が多い

髪の毛が一切無くなってしまっていたり、薄くなり頭皮が見えてしまっている状態の部位に対して後頭部または側頭部に存在している髪の毛を移して植える施術が植毛です。
同じ名称が付いている施術としては自毛を用いる方法の他に人工の毛を用いる方法の2つが存在しますが、今日では自身の髪の毛を使用する自毛を指す事例が多いです。

パンチと呼ばれる機械を用いるFUE

そのような施術を行う場合にはメスを用いて頭皮の一部を切り取る方法の他に、パンチと呼ばれる機械を用いてくり抜くようにして毛根から髪の毛を得る方法などが行われます。
パンチと呼ばれる機械を用いて行われる方法はFUEと呼ばれており、側頭部や後頭部に存在していて活発に働いている髪の毛の細胞も含めてくり抜きつつ、移植を行う部位に空けた穴に対し植えていきます。
FUEでは施術時にメスを使用しないため施術後に頭部に大きい傷が残らないという利点がある上に、定着率に関しても95%という高水準なので施術の結果が目に見えてわかりやすいです。また、FUEにはARTUSというロボットを使用して行う方式も存在し、ロボットには高性能なカメラが搭載されているため瞬時に毛包を探し出す事ができ、効率的に施術を進めていく事が可能です。

メスを使用数FUT

そして、FUTという方法ではFUEとは異なりメスを用いて作業を進めていくので、最初は後頭部に位置している頭皮を帯状の形で切り取ります。
FUTで特徴的なのはメスで頭皮を切り取る事から植え付ける株を得る事、株分けや植え付けを行う事まで一貫して手作業である様子です。
一貫して手作業で行うからこそ、毛根が切断されてしまう確率も低くさせられるため定着率が高い状態で推移しやすく85%から95%にものぼります。

人工毛を使用した植毛も

以前に比較すると行われる機会が減ってきていますが、自毛を使用した方法と共に存在しているのが人工の毛を使用した方法であり、患者の頭皮に残っている髪の毛の数が全体的に少ない状態になっていたとしても難なく植毛可能ですし、一度の施術につき多くの髪の毛が植え付けられます。

植毛の受け方 痛みはある?

実際に植毛を受ける場合には施術を希望している方がカウンセリングを受ける事になり、カウンセリングでは薄毛の現状を確認しつつ問診し、生じている理由がAGAであるのかを判断します。続いて移植を行う部位の計測を行い、要する広さと本数を明瞭にしながらデザインや生え際などについて具体的な計画を立てます。
手術が行われる際には最初に腕に対して全身麻酔が行われ、その後頭部に対して局所麻酔が使用されるのですが、腕に対して行われた全身麻酔の段階で意識が無くなるので、頭部に行われる局所麻酔は当事者は気付きません。
2つの麻酔がしっかりと作用している事が確認できたら、パンチもしくはメスを使用して移植を行う部分の頭皮を採取していき、採取を終えたら移植を行う部位に対し穴を空けつつ植え付けていきます。
手術を終えた後は鎮痛剤が処方されるため、麻酔の作用が切れてきて痛みが強く感じられる場合は処方された鎮痛剤を服用しながら安静に過ごすように心がけます。
手術後しばらくの期間が経過しても植毛を行った髪の毛が伸びてきていないと感じる事がありますが、しばらくの間伸びてこない事は問題視する事ではないですし、植え付けた髪の毛は一旦抜ける事を念頭に置いておきましょう。
手術を行った後は、産毛が見られるようになった後に産毛が成長して再び抜けるという様子を繰り返しながら太くて濃い髪の毛に成長していくため、産毛が見られるようになったら良いサイクルが発生した証であると判断でき安心材料となります。
こうしたサイクルなどの変化なども含めて経過観察を行いつつ、伸びてきた毛を好みの長さにカットして整えられるようになったら植毛の全てが完了です。

 

植毛 , 経過