植毛の術後にシャンプーをする時の注意点とは

トピックス

AGA(男性型脱毛症)などの薄毛の悩みに効果的な治療のひとつに植毛が挙げられます。
植毛してみたいけれども術後の洗髪はどうすればよいのだろうかと心配になる人も多いことでしょう。自毛植毛を検討している人は、術後のシャンプーをはじめとした様々な注意点についてしっかりと把握しておく必要があります。

スポンサーリンク

植毛の術後は定着するまでが重要

植毛後のシャンプーに注意が必要な理由としては、移植した髪の毛がまだしっかりと定着していないからです。手術が終わった後の患部はまだ毛が定着せずに、様々な刺激やダメージによって抜け落ちる可能性も考えられます。
植毛した毛根が定着するまでの日数に関してはクリニックによっても異なりますが、一般的には術後1週間から2週間前後だとされています。この期間は頭皮ケアやヘアケアについては十分な注意が必要です。

植毛後は頭皮を清潔にすることが大事

できる限り移植した髪の毛が抜けおちるのを避けたいからと言って、シャンプーをしないことは反対によくありません
その理由は髪の毛や頭皮を清潔にしないと雑菌が繁殖し、感染症になる可能性が考えられるからです。手術後の患部は傷が残っているので出血するケースがあります。そのためしっかりと清潔にする必要があり、クリニックでも多くの場合翌日~2日後からは洗髪することを推奨しています。しかし洗髪するにしても様々な注意点に気をつける必要があります。

植毛術後の翌日~1週間の洗髪のポイント

植毛の手術後翌日から1週間までの間は定着する期間でもあり、最もデリケートな期間であるともいえます。
この時期の注意点は患部をこすらないことと、ぬるま湯で洗髪することであり、移植した毛が抜けないようにするために非常に重要なことです。患部をこすりながら洗った場合には、移植した毛が抜ける可能性が出てきます。そのため患部を洗う場合にはやさしいスポンジなどを使い、軽く押しながら洗髪することを心がけましょう。
また水圧が強いシャワーをあてることも危険です。手で優しくお湯をかけるなど工夫して洗い流すようにしましょう。
スプレー式の霧吹きなどを使って洗い流すのもお薦めです。
ぬるま湯を使うことは、傷口の出血を増やさないようにするためです。熱いお湯で洗髪してしまうと頭皮の血行が促進されるので、反対に出血が増えてしまう可能性も出てきます。
そのため手術後3日間は湯舟にはつからず、シャワーを推奨しているクリニックもあります。これらの理由も血行を促進させないためです。

植毛術後の1週間~2週間のシャンプーのポイント

次に植毛の手術後1週間から2週間のシャンプーについてですが、この時期は移植した毛が定着してくるため、少しずつこすり洗いも可能となります。
しかし爪を立てたりすることのないように、指の腹を使いやさしく円を描くように洗髪していきます。爪を立てた場合には同じように移植した毛が抜けやすくなるといえるでしょう。
また、この時期には患部にかさぶたができますが、無理にひっかいてしまうとかさぶたと一緒に移植した毛が抜けてしまう可能性があります。そのためかさぶたは自然に落ちるのを待つか、指の腹でこすった時に自然に落ちる程度まで放っておくようにしましょう。
術後2週間がたてば傷の状態や経過を見たうえで、少しずつ普段通りのシャンプー方法に戻していきます。
洗髪する時に、場合によっては頭皮マッサージをしている人もいるかもしれませんが、頭皮マッサージは炎症を悪化させる可能性があるため、2カ月ほどは中止するようにしましょう。

まとめ

植毛の手術後のシャンプーの注意点としては、患部をこすらないこととぬるま湯で洗髪することが大切であることがわかりました。
しかしこのようなことは頭でわかっていたとしても、細かい部分で気になることも出てくるかもしれません。このような場合にはクリニックへ電話で問い合わせをしてみたり、メール相談などが利用できるのであれば、このようなものを活用していきましょう。

植毛当日のシャンプーは避けましょう。
植え付けた髪が安定していないので、髪が抜け落ちる可能性が高いのです。また、メスを入れた頭皮に雑菌などが入り、頭皮状態が悪くなることもあります。

引用元:植毛後のシャンプーは注意が必要?
タイトルとURLをコピーしました