気になる植毛後の後遺症、ピットスカー(瘢痕)とは。

トピックス
スポンサーリンク

AGA治療で人気の自毛植毛

日本では薄毛を気にしている人が男女ともに多いです。
男性の脱毛症で最も多いのがAGAと呼ばれている男性型脱毛症です。AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症なので、症状に気付いたら早く治療を受けることが重要になります。
AGA(男性型脱毛症)の治療には複数の方法がありますが、よく知られているのが、育毛剤などの外用薬や内服薬を使って育毛と発毛を促します。
最新のAGA治療法として話題になっているのが自毛植毛です。

植毛後のヘアサイクル

自毛植毛は抜けにくい性質を持つ部位から髪の毛を採取し、脱毛した部位に外科的に移植する方法で、健康な部分の毛根を移植することで、永続的にヘアサイクルの回復をはかる治療方法です。施術を受けてから1ヵ月後から2ヵ月後は、ヘアサイクルの中の休止期になります。休止期になると植毛した髪の毛は1度抜け落ちますが、これは正常なプロセスなので心配ありません。
施術してから3ヶ月経つと成長期になるので発毛が始まり、半年ほど経つと発毛は完了します。最初は短く細い毛ですが、徐々に太くて丈夫な髪の毛になります。植毛の発毛ピークは施術を行ってから18ヵ月後と考えられていますが、10ヶ月ほどで効果を実感する男性も多くいます

植毛後の後遺症

植毛の施術で気になるのが、術後の後遺症です。植毛の手術後に起こる可能性がある後遺症はショックロス・初期脱毛、一時的脱落、ピットスカー(瘢痕)があります。

ショックロス・初期脱毛

ショックロス・初期脱毛は、植毛手術や麻酔などの影響で、植毛をした部位の「周辺」髪の毛が抜けてしまうことを言います。既存の髪の毛の10%から15%程度の毛が抜けますが、全部が抜けるわけではありません。全体の毛の15%程度の抜け毛なので、見た目の変化は大きくないのでご安心ください。
ショックロスは一時的なものです。半年~1年後にはまた元通りに生えてくるので気にしすぎないようにしましょう

一時的脱落

一時的脱落とは移植したグラフト(移植株)から生えていた毛が手術後、約1〜4ヶ月の時期を経過すると一時的に脱落することです。一時的脱落は通常のヘアサイクルのなかで、移植毛が強制的に休止期にはいることで起きますが、一時的脱毛で抜け落ちた髪の毛は、グラフトが生きているのでまた髪は生えてきます

医学的には原因はわかっていませんが、手術時の麻酔や、移植部分の組織の炎症作用ではないかと考えられています。

ピットスカー(瘢痕)

ピットスカーとは頭皮がボコボコになってしまう瘢痕状態のことです。
ピットスカーになる原因は、表皮よりも毛包を深く押し込んでいる場合と、株のサイズとスリットのサイズが合わない場合に起こる可能性があります。
植毛には人工毛植毛自毛植毛がありますが、ピットスカーは人工毛植毛で起きやすいという特徴があります。人工毛植毛で起きやすいのは、頭皮にとって人工の毛は異物になるからです。自毛植毛は自分の髪の毛を使うので、拒絶反応が起こることはほとんどないです
髪の毛の移植は比較的新しい技術なので、技術力に定評のある医師を選ぶことが大切です。

ピットスカー(瘢痕)は治るのか?

ピットスカー

ピットスカーでへこんでしまった頭皮は硬直して発毛の障害になることがあります。
自分の髪の毛を使っていても、機械式だとリスクは高くなります。ピットスカーは残念ながら自然に治ることはないです。
修正法はありますが、修正するためには専門クリニックに通う必要があります。
専門クリニックの中でピットスカーの修正治療を行っているクリニックは少ないです。へこんだ部位をくりぬく修正方法は、傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。
生え際の仕上がりには担当医師の実力が出ます。生え際にピットスカーができてしまった場合、修正するためには再度髪の毛を移植して隠すしかないです。自然に隠すには技量のある専門医を探し、相談するのがベストな方法になります。
修正手術を受ける場合は、生え際を下げすぎないように注意することがポイントです。

OPE直後は若干赤い跡が残ったりもしますが、それも目に見えない位の小さな点状のものになります。 こちらも、毛が生えてしまえば目立つことはありません。 傷跡の大きさは、メスを使っても使わなくても大きな心配は必要がなさそうです。 手術のために髪を刈り上げた髪が、生えるまでの時間を凌ぐ事の方が、 もしかしたら手術方法を選ぶ上で、重要になってきているのかもしれませんね。

引用元:どのくらい残る?!手術跡の大きさ

まとめ

ここ数年でAGA系の口コミサイトも増え、AGA(男性型脱毛症)に悩む人々が必要な情報を入手しやすくなっています。
植毛手術は高い費用を支払う治療法なので、事前によく担当医と相談することが大切になります。カウンセリングを受ける場合は、質問したいことに漏れがないようにメモしておくと忘れずに済みます。

タイトルとURLをコピーしました