自毛植毛を周囲にバレないようにする方法

トピックス
スポンサーリンク

自毛植毛をする時にバレないように気をつけること

自宅の資料からバレる

抜け毛や薄毛に悩んだ際に一つの手段となるものが植毛です。植毛の手術を受けたいと思ったときに、多くの人が周りにバレないかどうか気にすることでしょう。
とくに悪いことをしているわけではありませんが、やはり他の人にはなるべく知られたくないものです。植毛した事が周りにバレるパターンとして、まず第一に挙げられることは、自宅にある資料です。一人暮らしであり自宅に誰も訪問する予定がなければ問題がありませんが、頻繁に友人たちが訪問する場合は、自宅に資料を置いておくとバレるきっかけにもなります。
資料を請求し確認後に資料を全て捨ててしまえば特にバレることはありませんが、家に置いておいたことをすっかり忘れて、友人が訪れた時に資料を見て感づかれることがある為、十分に注意しましょう。
クリニックによっては目隠しをして送付してくれるところもありますが、封筒にクリニックのロゴが入っていたり、受け取りの際にバレることもあるため十分な注意が必要です。

植毛クリニックに行くのを見られてバレる

自宅の近所のクリニックで植毛の手術を受けようと考えているのであれば、その地域に友人がいると目撃される可能性があります。地方に住んでいて都心部へ植毛の手術を受けに行くのであれば、心配は少ないでしょう。クリニックに訪問する際に、できることならば他人であっても他の訪問者にもなるべく会いたくないと考える人もいるでしょう。
このような場合には、プライバシー保護が行き届いているクリニックを選ぶことで、安心して通うことができるはずです。商業ビルなどの一角に構えているクリニックであれば、ビルに入る時にはクリニックに行くとは分からずに入りやすくなります。しかし同じフロアに別の会社がある場合は、その会社の人と遭遇する可能性があり、エレベーターなどで一緒になるとやや気まずいこともあるでしょう。
友人や知り合いでなければ、その場限りであるのでで、それほど気にすることはないかもしれません。

自毛植毛は、カツラや人口毛植毛のように急に髪の毛が増えたり濃くなるわけではないので、ばれにくいといえます!一旦、ショックロスで髪の毛の一部が抜け落ちた後、だんだんと生えそろって密度が濃くなっていくので、違和感はほとんどありません。

引用元:自毛植毛はばれないって本当?

植毛の手術後にバレる

植毛手術後にバレるとすれば最初の1週間が要注意であり、その中でも特に3日から4日が一番注意が必要と言えます。かさぶたが取れればほぼバレることはないので、術後1週間前後が勝負と言えます。長期の休みが取れるのであれば、ここで長期休みを取っておけばバレる心配はありません。一時的にカツラなどを利用することもできますが、できるのだけどちらも使わない方が良いと言えます。

できる限りバレない方法としては、バレにくい植毛手術やクリニックを選ぶことが大切です。どのような手術を選ぶのか、予算などについては人により様々です。クリニックでどのような手術にどのような特徴があるのかをしっかりと説明してもらい、それぞれのメリットやデメリットなどもしっかりと把握してから選ぶようにしましょう。費用が気になるのであれば、クリニックで医療ローンを組むことも可能です。お金がないからといって中途半端な植毛を受けるよりも、値段が高くても納得のできる施設で植毛手術を受けることをお勧めします。

M字型の薄毛の改善には自毛植毛が有効? M字型の薄毛を改善する方法としては、育毛剤の使用や生活習慣の改善、服薬などが挙げられます。しかし、さまざまな方法を試してみたもののなかなか著しい効果が得られない……という方もいるでしょう。 そこでおすすめなのが、後頭部や側頭部の髪の毛を毛根ごとM字部分に移植する自毛植毛です。 ポリエステル・ナイロン等の合成繊維によってつくられた毛を移植する人工毛植毛の場合、異物を排除しようとする体の働きによって頭皮の炎症等のトラブルを招いてしまう恐れがありますが、自分の髪の毛を移植する自毛植毛ならその心配はありません。 また、後頭部、側頭部の毛根にはアンドロゲンレセプターがないため、移植した髪の毛がしっかりと定着すれば、再びAGAの影響で薄毛になってしまうこともないのです。

引用元:M字型の薄毛の改善には自毛植毛が有効?

まとめ

そしてバレないようにするためには、自分からは誰にも言わないことが大切です。誰か一人に話せばすべてに伝わってしまうと思っておくことが大切です。噂の感染速度はかなりのものなので誰にも言わないことをお勧めします。
確率は低いですが、植毛の資料請求もバレるリスクとなるため、最初からカウンセリングの予約をとって訪問することをお勧めします。資料を取り寄せてもクリニックで植毛の症例写真などを見ることもできるので、資料はそれほど重要なものにはなりません。最後に長期休暇を利用することをお勧めします。長く休みが取れれば取れるだけ、バレるリスクも軽減される事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました