植毛情報局

   

話題の植毛と気になるピットスカー

日本では薄毛を気にしている人が男女ともに多いです。
男性の脱毛症で最も多いのがAGAと呼ばれている男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので、症状に気付いたら早く治療を受けることが重要になります。
男性型脱毛症の治療には複数の方法がありますが、よく知られているのが薬物治療です。
育毛剤などの外用薬や内服薬を使って育毛と発毛を促します。
最新のAGA治療法として話題になっているのが自毛植毛です。
自毛植毛は抜けにくい性質を持つ部位から髪の毛を採取し、脱毛した部位に外科的に移植する方法になります。
健康な部分の髪の毛を移植することで、永続的にヘアサイクルを繰り返すことが可能です。
施術を受けてから1ヵ月後から2ヵ月後は、ヘアサイクルの中の休止期になります。
植毛した髪の毛は1度抜け落ちますが、これは正常なプロセスなので心配ないです。
休止期になると髪の毛は抜け落ち、成長期になると発毛がスタートします。
施術してから3ヶ月経つと発毛が始まり、半年経つと発毛は完了です。
最初は短く細い毛ですが、徐々に太くて丈夫な髪の毛になります。
植毛の発毛ピークは施術を行ってから18ヵ月後と考えられていますが、10ヶ月ほどで効果を実感する男性も多いです。
局所麻酔を基本とした外科手術なので、痛みの心配をせずに済みます。
薄毛の症状が進んでいる場合、多くの株数が必要になります。
日本人は頭皮が硬い人が多く、必要なドナー採取が難しいケースもあります。
2500株以上植えつけることをメガセッションと呼びます。
男性型脱毛症に悩む人にとって重要なのがメガセッションです。
メガセッションには多くのメリットがあります。
完成するまでの施術回数が少なくて済み、治療期間を短くすることができます。
施術で気になるのが後遺症です。
植毛の手術後に起こる可能性がある後遺症にピックスカーがあります。
ピットスカーとは頭皮がボコボコになってしまった状態です。
ピットスカーになる原因のひとつは、サイズが合わないことで起こります。
表皮よりも毛包を深く押し込んでいると起こりやすく、株のサイズとスリットのサイズが合わない場合にも起こる可能性があります。
髪の毛の移植は比較的新しい技術なので、技術力に定評のある医師を選ぶことが大切です。
髪の毛には人工のものと自毛がありますが、ピットスカーは人工毛で起きやすいという専門家もいます。
人工毛で起きやすいのは、頭皮にとって人工の毛は異物になるからです。
自家植毛は自分の髪の毛を使うので、拒絶反応が起こることはほとんどないです。
へこんでしまった頭皮は硬直して発毛の障害になることがあります。
自分の髪の毛を使っていても、機械式だとリスクは高くなります。
ピットスカーは残念ながら自然に治ることはないです。
修正法はありますが、修正するためには専門クリニックに通う必要があります。
専門クリニックの中でピットスカーの修正治療を行っているクリニックは少ないです。
へこんだ部位をくりぬく修正方法は、傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。
生え際の仕上がりには担当医師の実力が出ます。
生え際にピットスカーができてしまった場合、修正するためには再度髪の毛を移植して隠すしかないです。
自然に隠すには技量のある専門医を探し、相談するのがベストな方法になります。
ここ数年でAGA系の口コミサイトも増え、男性型脱毛症に悩む人々が必要な情報を入手しやすくなっています。
修正手術を受ける場合は、生え際を下げすぎないように注意することがポイントです。
高い費用を支払う治療法なので、事前によく担当医と相談することが大切になります。
カウンセリングを受ける場合は、質問したいことに漏れがないようにメモしておくと忘れずに済みます。

AGA , ピットスカー , 毛周期 , 男性型脱毛症