植毛情報局

   

20代でも若ハゲが進行してるときは植毛をするメリットがある

薄毛の症状は、年齢を問わずに発症する可能性があるものです。実際に、特徴的な若ハゲの症状としては男性型脱毛症などが存在します。この症状に関しては20代などの比較的早い段階であっても発症する可能性が存在していますので、その時に対策をしないと脱毛症が着々と進行してしまうことになります。一般的に、こういった若い時に発症する男性型脱毛症については、2つの対策が存在します。まず、専門の医薬品などを利用して男性型脱毛症を食い止めることです。若ハゲが進行する時の症状というのは、そのほとんどが男性型脱毛症であるケースです。そのため、この症状に特化した医薬品を利用することによって、症状を緩和することができるようになります。ただ、医薬品を利用した方法に関しては長期的に治療をしていかなくてはならないというデメリットが存在します。料金を継続的に支払わなくてはならなくなりますし、どれだけの期間で治療を完了することができるかもわかりません。個体差が存在しますので、想定していたように治療が進まなかった場合にはそれだけ時間が必要になってしまいます。現実的にも、医薬品とはいっても提供されているモノにはいくつかの種類が存在します。頭皮に対して直接的に塗布するタイプのものや、錠剤で利用するタイプのものです。患者に対して適したものを選択しないといけないので、実際に治療を進めていくときには通販などで購入できるものであっても医師に相談をすることが第一となります。ですから、結局はクリニックで治療を進めていくことが求められます。一方で、もう1つの治療法として自毛植毛という方法が提供されています。これはその名前の通りで自分の頭皮に残っている髪の毛を利用して手術を行っていく方法のことを指します。自毛植毛の大きなメリットは、一般的な人工毛髪を利用した植毛と異なって副作用などが生じない点です。それまでは、手術を行うときにはポリエステルやナイロンなどを利用した人工毛髪が利用されていました。しかし、人工毛髪には人体に対して悪影響を与えてしまうという難点があったためむやみに手術を行うことができなくなったという背景があります。この難点というのは、免疫機能の暴走です。人工毛髪は確かに見た目は非常に綺麗なのですが、自然でできたものではありません。そのため、頭皮に直接的に定着させると身体の免疫機能が暴走してその人工毛髪に攻撃をしてしまうという事例が確認されました。その結果、手術前よりも頭皮の状況が悪化してしまうという事態もあったのです。実際に、こういった方法は日本国内でも提供されなくなっていますので、男性型脱毛症として提供する手術はそのほとんどが自毛植毛になっています。自毛植毛の最大のメリットは、男性型脱毛症に対しても効果があると認められている点にあります。長期的に医薬品を利用して治療していくときと異なって、手術に成功すればそれだけで頭皮の状態を改善することができるという利点が存在します。もちろん、手術費用が必要になりますが地毛植毛に成功すると男性型脱毛症によって抜け落ちていた髪の毛の質そのものに変化が現れます。メンテナンスをきちんと行うことによって、後年の脱毛症を予防するきっかけにもなります。また、側頭部や後頭部に自毛が残っていればその髪の毛を利用して手術をすることができますので、他の患者からドナーをもらったりする必要がありません。自分のドナーを利用して手術ができますので、その点からも副作用の面で安心して利用することができます。年齢を問わずに利用することができるものでもあるため、文字通り20代で行っても問題なく手術を進めていくことが可能です。

価格 , 植毛 , 男性型脱毛症 , 若ハゲ