ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

M字の薄毛を治すための自毛植毛

M字、生え際の薄毛の改善

M字生え際の薄毛の症状を治療する際には、薬を利用する方法と手術を利用する方法があります。このうち、手術を行うときには植毛を行うことが一般的です。しかも、普通の人工毛髪を利用した方法ではなく本当に頭皮に対して髪の毛を定着していくことを目的として行っていきます。特徴的なのが、自分の髪の毛をドナーとして移植を行っていくことです。従来まで、人工毛髪を利用した手術は存在していました。
しかしこの方法は異物を植え込むため、身体に存在している免疫細胞の暴走を招くリスクが存在していたことから、むしろ頭皮にとって逆効果になってしまうことが分かってきました。その為、現在では人工毛髪を利用した植毛方法は行われておらず、自毛を利用した植毛方法が主流となっています。

M字の薄毛が目立つAGA(男性型脱毛症)に効果がある植毛

自毛を利用した方法は、薄毛の症状の中でも特に深刻な脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)に一定の効果が存在するということも分かっています。AGA(男性型脱毛症)の症状にはM字、O字、U字のタイプがある脱毛症のことです。

  • M字状に生え際が脱毛する
  • O字状に頭頂部が脱毛する
  • U字状におでこ全体が脱毛する
  • U字とO字の混合タイプで脱毛する

厄介なのが、一度発症してしまうと自力での回復が困難になってしまうため、どれだけ市販の製品を利用しても、満足な結果を得られなくなる可能性が高くなることです。そこで、ご自分の髪の毛を利用した植毛方法が考えられました。

植毛でAGAを改善できる?

なぜこの植毛手術を利用するとAGA(男性型脱毛症)を改善できるのでしょうか。
AGA(男性型脱毛症)というのは男性ホルモンによって生まれた脱毛を促す物質によって引き起こされます。男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素の働きによって、脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し脱毛を誘発することが、AGAの原因となります。


これは、男性ホルモン受容体という部分と結合することによって症状が発症しますので、この結合を防ぐことが何よりも大切になります。自毛植毛は、ドナーを採取するときに後頭部や側頭部などの髪の毛を対象に行います。これは、後頭部や側頭部の髪の毛に耐性のようなものが存在するからです。
上記のように、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン受容体と反応することで生じるので、もともとこの男性ホルモン受容体が存在しない、あるいは耐性が存在する髪の毛には反応を示しません。実際に、AGA(男性型脱毛症)を発症させても後頭部や側頭部の髪の毛は綺麗に残るケースが目立ちます。これは、後頭部や側頭部の髪の毛がAGA(男性型脱毛症)に強い性質を最初から持っているからに他なりません。

 

毛周期に合わせて脱毛症に強い毛がはえてくる

後頭部や側頭部の毛を利用することで、脱毛症に強い髪の毛を生成していくことになります。植毛が成功すると、本当に髪の毛が今までと同じように成長するようになります。
重要なのは、成長してその後に髪の毛が抜け落ちたときです。人間の髪の毛には毛周期が存在しますので、そのサイクルに応じて正しく成長することが大切になります。言い換えると、植毛した髪の毛が抜け落ちたとしても、通常の髪の毛のサイクルが働いて再び生えてくるようになることが重要になるわけです。植毛した後に髪の毛が生えてくると、そのまま脱毛症に強い髪の毛が成長していくことになりますので、自然と髪の毛の数も増えていきます。

M字、生え際の植毛は定着するまでが重要

自毛植毛で気を付けておかなくてはならないのは、患者によっては効果が薄い可能性もあることです。元々、脱毛症の進行状況は患者によって異なるため、ドナーとして採取するだけの髪の毛が存在しないと効果を期待できません。また、肝心のドナーの質が悪いと定着したとしてもすぐに抜け落ちてしまいます
大切なのは、定着してからきちんと成長サイクルが元に戻るかどうかなので、この点は誤解をしないように注意をする必要があります。
特に、M字生え際の場合は目立った場所での植毛手術となりますのでその後の経過が患者にとってもわかりやすい箇所になります。早期の結果を期待するあまり、無理に自力の解決を図ろうとしないように気を付けておくことです。

最終更新日

m字ハゲ , 植毛 , 毛周期 , 生え際 , 男性型脱毛症 , 移植手術